画像大津諏訪神社のロゴ
写真大津諏訪神社の境内から社殿

年中行事

※令和5年の夏越の大祓の詳細については、5月頃にご案内の予定です。

茅の輪くぐりの画像

茅の輪くぐり

大祓神事を神社境内の「茅の輪(ちのわ)」前で執り行います。参列者全員で神道に古来より伝わる大祓詩(おおはらえのことば)を一巻唱えます。 その後、人形(ひとがた)を配布し、年初からの半年間でつけてしまった厄災を人形に移し、さらに祭具や祓物をもって、幾重にもお祓いがなされます。その後は全員で茅の輪をくぐります。

「水無月の 夏越の祓え する人は 千歳の命 延ぶというなり」

この歌を唱えながら、大きく8の字を描くようにしてこれを3回くぐり、ご本殿に参拝します。
また、人形は川や海に流すのが本義ですが、環境問題もあり、当社にてお焚き上げします。参加者には小さな茅の輪のお守りを授与いたします。

▶︎▶︎▶︎年中行事一覧へ