宮司挨拶
七五三詣
御鎮座1200年奉祝記念事業
みかきのうち

▶お問い合わせ
電話番号
大津諏訪神社
〒239-0808
神奈川県横須賀市大津町4-22-22
TEL:046-836-3570
FAX:046-836-3586


● 趣意書 ●

古来より「大津」はその名の示す通り、幕府の置かれた鎌倉や江戸に出入りする物資を中継する湊(みなと)として東京湾を臨む舟の渡し場の役割を担ってきたと思われます。 この地は古代にあっては房総への渡津(としん)、中世には半島を跋扈(ばっこ)した三浦一族の衣笠の荘の配下、江戸時代は海の関所・浦賀への往還や海防のための陣屋が置かれ、 明治時代以降は軍部横須賀の演習場や学校、関係施設が立ち並び、その一翼を担っていました。いつの時代においても脇役的な役割ではありましたが、「つなぎ役」として重要な位置を占めていました。

その時代の趨勢(すうせい)を見守ってきた祖神様(おやがみさま)こそ、「大津のおすわさま」と親しみを込めて呼ばれている当神社です。天長元年(八二四)、信濃国の諏訪大社の御分霊を勧請したのが その嚆矢(こうし)とされいます。

関東大震災では神社の社殿が倒壊、周辺集落も甚大な被害を被りましたが、氏子中の篤い信仰心のもと、各集落の氏神様を合祀して、被災よりわずか一年半後に大津総鎮守として再興を果たしています。 現在の社殿は、本殿は旧矢之津神社、拝殿は旧白山神社のもので、損害の少なかった両神社を氏子の手によって移築・再興したものです。氏子中九か所十神社の御祭神も合祀され、大津地区の団結の象徴となっています。

令和六年(二〇二四)には御鎮座千二百年の節目の佳年を迎えます。宮司就任以来、この慶事に向けて、待合所・神符守札授与所の増築、御柱の建立を初め、啓発活動に努めてまいりましたが、 いよいよその総仕上げとなる奉祝記念事業を執り進めたく存じます。事業の内容は下記をご参照願います。

折しも令和の御代代わり、天皇陛下のご即位、大嘗祭の斎行と新時代の幕開けを寿ぎ、鎮守様への感謝も共に、「令和の大改修」と銘打ち、御本殿の改修と御柱祭斎行を記念事業の柱にすえ、 ご崇敬の皆様に広くお声掛けを致し、各位の熱誠あふれるご奉賛を賜ります様、衷心よりお願い申し上げます。

画像御柱祭



大津諏訪神社 宮司 岩城純隆  
奉祝記念事業奉賛会 会長 岩﨑 昭  
副会長 川﨑 忠  
副会長 三留和行  
副会長 菊田善克  


●記念事業計画

 大津諏訪神社の御本殿改修およびその付帯工事
奉祝の神賑行事(御柱祭ほか)の斎行、記念事業

●ご奉賛目標額

 一憶四千万円 但し 神社の自己資金として七千万円拠出
内 七千万円が奉賛の目標額

●募財期間

 令和3年4月より令和6年末まで(3ケ年)

●ご奉賛受付方法

 1 社務所へ直接ご納入 奉賛申込書にご記入の上、奉賛金をご持参ください
2 金融機関へお振込み 下記の金融機関へお振込みの上、奉賛申込書をお送りください
3 町内会自治会組織を通じてのお申し込み

【お振込み先】

〇ゆうちょ銀行 00290-6-62677
口座名「宗教法人 諏訪神社(しゅうきょうほうじん すわじんじゃ)」
*添付の払込用紙をお使いください。手数料は神社負担です。

〇かながわ信用金庫 大津支店 普通0279224
口座名「宗教法人 諏訪神社 代表役員 岩城純隆」
(しゅうきょうほうじん すわじんじゃ だいひょうやくいん いわきすみたか)
*振込手数料は、ご負担願います。

〇湘南信用金庫 馬堀支店 普通0343975
口座名「宗教法人 諏訪神社 代表役員 岩城純隆」
(しゅうきょうほうじん すわじんじゃ だいひょうやくいん いわきすみたか)
*振込手数料は、ご負担願います。

●ご奉賛による返礼記念品

一口一万円(何口でもお申込みいただけます)
三口以上のお申込みには3回までの分割払いが可能です。

*3口以上の奉賛者の御芳名は、境内に建てられる竣功記念芳名板に刻銘され、末永く顕彰されます。

竣功記念芳名板
竣功記念誌に芳名 境内竣功記念
芳名板に刻銘
記念タオル 紙札と
木札お守
御柱記念品 感謝状
一万円未満
一万円以上
三万円以上 御柱 御朱印型
十万円以上 御柱 ブック型
三十万円以上 御柱 ブック型(大)
五十万円以上 御柱 輪切り

*記念誌ならびに芳名板に、お名前を記載・刻印をさせていただきますので、必ず奉賛申込書はご提出願います。
*記念品ならびに記念誌は、竣功後の贈呈となり、芳名板の刻銘も竣功後になります。(令和7年正月頃の予定)
*御柱の記念品は、形・大きさが若干変更になる場合がございます。
*奉賛者の全芳名は、申込時に境内に掲示させていただき、芳名者名簿を作成し、御本殿内にお納めの上、末永く顕彰保存いたします。
*住所は記念品発送時のみに使用します。それ以外の目的では使用しません。

【主な返礼記念品】
主な返礼品の画像

御鎮座千二百年記念事業の第一の目的は、御祭神である建御名方神(たけみなかたのかみ)の妃神(きさきがみ)である八坂刀売神(やさかとめのかみ)の御分霊を信州諏訪大社より勧請し、ご夫婦にてお祀り申し上げ、家庭円満(家内安全)の御神徳・御神縁を授かることにあります。妃神をお迎えするのにふさわしい御神殿に改修する工事を行いたく存じます。

熱き心に深き絆 大津の里に御柱 建つ!!

竣功記念芳名板

「御鎮座千二百年 奉祝記念事業」について、内容をよりご理解いただけますよう動画を作成しました。 宮司と奉賛会長がその概要を資料など交えてお話しいたします。HOME(トップページ)でご覧ください。

趣意書(リーフレット)をご希望の方は、下記お問い合わせ先にお申し出ください。

●お問い合わせ先

〒239-0808
神奈川県横須賀市大津町4-22-22
御鎮座千二百年奉祝記念事業実行委員会(大津諏訪神社内)
TEL 046-836-3570
FAX 046-836-3586