宮司挨拶
御神札のまつり方
七五三詣
みかきのうち

▶お問い合わせ
電話番号
大津諏訪神社
〒239-0808
神奈川県横須賀市大津町4-22-22
TEL:046-836-3570
FAX:046-836-3586

▶ご祈祷のご案内 ▶厄除・八方開運ご祈祷のご案内 ▶長寿健康(年祝い)のご案内
▶お申し込み方法 ▶注意事項

●ご祈祷のご案内
受付時間 午前9:00~午後4:00 *年末年始、繁忙月は除きます。
受付場所 社務所にて受付をしております。
申込方法 ご祈祷は完全予約制となります。
(当日のお申込みはお断りすることがございます)
*1月1日~1月5日は、予約なしで随時受付をしております。
祈祷内容 開運、厄除け、家内安全、商売繁盛、心願成就、身体健全、病気平癒、
交通安全、学業成就、入試合格、良縁、安産、芸能上達、旅行安全、
神恩感謝、七五三詣、初宮詣、結婚奉告
*その他お申し出によってご奉仕いたします。
祈祷料 個人:五千円、一万円、二万円(年間祈祷奉修)
団体:お問い合わせください。
所要時間 20~30分
授与品 ご神札、神饌のお下がりを授与いたします。
出張祭 地鎮祭、上棟祭、竣工祭、葬祭、清祓など出張奉仕いたします。社務所へお問い合わせください。


◎待合所・拝殿ともに冷暖房を完備しています。また、待合所にはオムツ交換台を設置しています。 待ち合い所 おむつ交換台 拝殿
▲待合所とおむつ交換台(トイレ前に設置しています)   ▲拝殿

●厄除・八方開運ご祈祷のご案内

【平成30年 戊戌(つちのえいぬ)厄年】

男の厄年
前 厄 本 厄 後 厄
24才
平成7年
満23才 亥
25才
平成6年
満24才 戌
26才
平成5年
満25才 酉
41才
昭和53年
満40才 午
42才
昭和52年
満41才 巳
43才
昭和51年
満42才 辰
60才
昭和34年
満59才 亥
61才
昭和33年
満60才 戌
62才
昭和32年
満61才 酉
女の厄年
前 厄 本 厄 後 厄
18才
平成13年
満17才 巳
19才
平成12年
満18才 辰
20才
平成11年
満19才 卯
32才
昭和62年
満31才 卯
33才
昭和61年
満32才 寅
34才
昭和60年
満33才 丑
36才
昭和58年
満35才 亥
37才
昭和57年
満36才 戌
38才
昭和56年
満37才 酉
60才
昭和34年
満59才 亥
61才
昭和33年
満60才 戌
62才
昭和32年
満61才 酉

*厄年の年齢は「数え年」になります。数え年とは、日本の伝統的な年齢の数え方で、生まれた年を1歳とし、以後正月になると1歳を加えて数える年齢のことです。実年齢より1つまたは2つ差があります。
【平成30年 八方塞がり】

九紫火星 男女共通 下記の年の生まれの方

昭和12年 昭和21年 昭和30年 昭和39年 昭和48年
昭和57年 平成3年 平成12年 平成21年  
●長寿健康(年祝い)のご案内

還暦を過ぎても、ながい人生はまだこれから。100歳超えの方は67,000人もいらっしゃいます。人生の節目の年には昇殿参拝して氏神様に感謝のご奉告をして、長寿健康を祈願しましょう。
平成30年の年祝いに当たる方は、下記の表になります。ご家族様がおじいさま・おばあさまをお誘いして昇殿されても良いでしょう。

*誕生日に合わせて参拝するのが良いでしょう。
*ご祈願は完全予約制になります。
*ご祈祷料は、5,000円よりお受けしております。ご神札、お守を授与します。
*寝たきりで参拝の叶わない方も、ご自宅にお伺いのうえ、ご祈祷いたします。
(ご祈祷料 8,000円)
*ご希望の方は、ご神前にお名前をお祝いで掲示いたします。

平成30年 年祝い早見表(数え年)
古希の祝 70才
昭和24年生まれ
喜寿の祝
77才
昭和17年生まれ
傘寿の祝
80才
昭和14年生まれ
米寿の祝
88才
昭和6年生まれ
卒寿の祝
90才
昭和4年生まれ
白寿の祝
99才
大正9年生まれ

*数え年とは、日本の伝統的な年齢の数え方で、生まれた年を1歳とし、以後正月になると1歳を加えて数える年齢のことです。実年齢より1つまたは2つ差があります。

●お申し込み方法

○社務所での直接のお申し込みのほか、お電話でのお申し込みを承ります。

【社務所にてお申し込みをされる場合】
「ご祈祷申込書」にご記入いただきます。予めご祈祷(内容)を決めておいてください。
 受付時に「予約表」をお渡しします。当日は予約表と玉串料をご持参ください。

【電話にてお申し込みをされる場合】
 お名前・電話番号・希望日時・祈祷内容をお聞きしますので、ご承知おきください。
 大津諏訪神社 046-836-3570(受付時間:午前9時から午後4時)

●注意事項

○玉串料は、神様におあげする祈祷料ですので、のし袋に入れて奉納するのが正式です。のし袋をご用意いただき、ご祈祷の当日にご持参ください。

玉串料熨斗袋 【のし袋の書き方】
めでたい紅白の水引(蝶結び)ののし袋をご用意ください。
表書きは、「玉串料」または「初穂料」とし、下段にはご祈祷を受ける方のお名前をお書きください。
○お車でいらっしゃる時は、参拝者専用の駐車場にお停めください。
 →交通アクセスの「車でお越しの方へ」を参照ください。
○ご祈祷が始まる15分前には社務所にお越しください。